シネマ・観劇記録

初出 2002. 1.14 最終更新 2021. 8.24

私の住む市川に、ヴァージンシネマ市川(現トーホーシネマ)が出来て随分経ちますが、昨年思い立って行ったら、はまってしまいました。椅子も座り心地良いし、傾斜を付けているので昔のように前の人の身体が邪魔にはなりません。 チケット窓口やトイレもお客さんの立場に立ってサービスしようという姿勢が嬉しい。ビデオではなく、足を運んで見る映画はど迫力。まさにシネマです。
たまたま日活の監督だった工藤さんと知り合い、映像関係の友人と飲み会が始まりました。沢山の人の努力によって出来るシネマは、やっぱり映画館で見なくては、と言うことで記録を残すことにしました。

平成13年(2001)   平成14年(2002)     平成15上期(2003上)  平成15下期(2003下)
平成16上期(2004上) 平成16下期(2004下)  平成17上期(2005上)  平成17下期(2005下)
平成18上期(2006上)  平成18下期(2006下)  平成19上期(2007上)  平成19下期(2007下)
平成20上期(2008上)  平成20下期(2008下)  平成21上期(2009上)  平成21下期(2009下)
平成22上期(2010上)  平成22下期(2010下)  平成23上期(2011上)  平成23下期(2011下)
平成24上期(2012上)  平成24下期(2012下)   平成25上期(2013上)   平成25下期(2013下)
平成 26上期(2014上)  平成26下期(2014下)   平成27上期(2015上)   平成27下期(2015下)
平成28上期(2016上)  平成28下期(2016下)   平成29上期(2017上)    平成29下期(2017下)
平成30上期(2018上)  平成30下期(2018下)   平成31上期(2019上)   平成31下期(2019下)
令和2年上期(2020上)  令和2年下期(2020下)  令和3年上期(2021上)

令和3年下期(2021下期)

月日題名・監督/主演感想
8/23「ペリカン文書」
アラン・J・パクラ/ジュリア・ロバーツ
図書館DVD。1993年。うーん、シーンの展開が遅くてイライラしてしまう。当時はこれで良かったのだろうが。 ジュリア・ロバーツの法科学生の役はちょっと年取り過ぎだし似合わないなあ。新聞記者役のデンゼル・ワシントンは若く体型もスマートで格好良いのには驚いた。これは本を読んだ方が面白いだろうなあ。
8/11「ジャッカルの日」
フレッド・シンネマン/エドワード・フォックス
図書館DVD。1973年か、フレデリック・フォーサイス原作の映画化で、名作と言われてもさすがに古い。 映像のテンポ、筋の運びともにゆったり。近年の映画は早すぎて目まぐるしいが、ここまでのんびりだとしんどい。
今同じ原作から作るとしたら、面白くなるだろうなあ。

トップページ