シネマ・観劇記録

初出 2002. 1.14 最終更新 2022. 8.28

私の住む市川に、ヴァージンシネマ市川(現トーホーシネマ)が出来て随分経ちますが、昨年思い立って行ったら、はまってしまいました。椅子も座り心地良いし、傾斜を付けているので昔のように前の人の身体が邪魔にはなりません。 チケット窓口やトイレもお客さんの立場に立ってサービスしようという姿勢が嬉しい。ビデオではなく、足を運んで見る映画はど迫力。まさにシネマです。
たまたま日活の監督だった工藤さんと知り合い、映像関係の友人と飲み会が始まりました。沢山の人の努力によって出来るシネマは、やっぱり映画館で見なくては、と言うことで記録を残すことにしました。

洋画一般アクションサスペンスファンタジー
音楽映画歴史モノドキュメンタリー観劇
邦画サスペンスJ時代劇工藤監督

令和4年上期(2022上期)

月日題名・監督/主演感想
8/26「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」
湯山邦彦/-
想大と寛大を連れて女房と。映画館でポップコーン、という文化がこうやって刷り込まれるんだなあ。
8/19「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション七夜の願い星ジラーチ」
湯山邦彦/-
想大と寛大を連れて女房と。昔、子供を連れて映画館に行くといつも寝ていたが、今回は寝なかった。孫たちはそこそこ楽しんでいたかな。
7/3「峠」
小泉堯史/役所広司
うーん、甘っちょろい映画。言葉で説明ばかりして絵になっていない。予告編は少し面白そうだと思ったのだが。もともと司馬遼太郎の原作が絵にならないけれど。新聞小説を読んだ頃は痛快に感じたものだが。 やはり脚本、監督の技量不足。こんな映画を作っていては邦画が廃れるのも無理はない。「阿弥陀堂便り」「雨あがる」の監督か、道理で。
6/18「トップガン・マーヴェリック」
ジョセフ・コシンスキー/トム・クルーズ
女房と見た。いゃあ面白かった。オトコ達だねえ、女達もいいけど。戦友、軍隊じゃなくても仕事でも日々の営みでも、戦友は素晴らしい。 二度、涙腺が緩んでしまった。
冒頭、ノースアメリカンP-51ムスタング、Kawasaki Ninjaが出て来てズキュン。だんだんF-14、F-18、第五世代戦闘機。レーダー、ミサイル、空母、空中戦。渓谷を低空飛行で飛ぶ訓練は、太平洋戦争での仮想真珠湾攻撃の訓練を彷彿とさせる。 MA-1とかレイヴァンとかファッションも色々あるんだろうけど私は分からない。最後は女友達ペニーの乗るポルシェ911。

最初、トム・クルーズの顔を見て、ジジイ顔になったなあと心配したけど、2時間が長く感じなかった。細かい齟齬は別にして、楽しい、さすがハリウッド。疲れた、けど面白かった。
トム・クルーズ59歳、俺71歳。彼が歳とともに役割を変えたように、俺は俺で変化していくんだな。

5/28「大河への道」
中西健二/中井貴一
久しぶりにトーホーシネマズの大画面、やはり映画はこうでなっちゃ。出来は良かった。立川志の輔の原作、脚本森下佳子。香取市で伊能忠敬を大河ドラマへ、と企画したところ、実は伊能忠敬は全日本図の完成3年前に亡くなっていた事が発覚。 現代と江戸期を跨いで話が交錯する。やはり中井貴一は上手いし、将軍役の草刈正雄も良いねえ。クライマックスの地図披露の場面では泣かされてしまった。橋爪功、西村まさ彦は相変わらずの芸達者。北川景子の芸の無さ、松山ケンイチの弾けなさにはがっかりしたが。この二人が良くなっていたら近来稀にみる傑作になっていただろうになあ。
5/7「BIRD」
クリント・イーストウッド/フォレスト・ウィテカー
図書館DVD。うちのテレビの不具合か、一時間くらいで先へ進まなくなった。まあ話しもそんなに面白くなかったので途中辞め。
1/5「般若心経・観音経・和讃」
-/読誦 大本山大覚寺
図書館DVD。お経は心のやすらぎ、とのこと。私もそう思って借りたが良くなかった。リーダーのブレスが長過ぎるし、追随の読誦は迫力ない。 もっともっと聞かせることを意識して精進しろよ。

平成13年(2001)平成14年(2002)平成15上(2003上)平成15下(2003下)
平成16上(2004上)平成16下(2004下)平成17上(2005上)平成17下(2005下)
平成18上(2006上)平成18下(2006下)平成19上(2007上)平成19下(2007下)
平成20上(2008上)平成20下(2008下)平成21上(2009上)平成21下(2009下)
平成22上(2010上)平成22下(2010下)平成23上(2011上)平成23下(2011下)
平成24上(2012上)平成24下(2012下)平成25上(2013上)平成25下(2013下)
平成26上(2014上)平成26下(2014下)平成27上(2015上)平成27下(2015下)
平成28上(2016上)平成28下(2016下)平成29上(2017上)平成29下(2017下)
平成30上(2018上)平成30下(2018下)平成31上(2019上)平成31下(2019下)
令和2年上(2020上)令和2年下(2020下)令和3年上(2021上)令和3下(2021下)

トップページ