ミュージアム探訪記

初出 2006. 1. 8 最終更新 2017.11.12

博物館、美術館、ギャラリーなどに行って感じたことを記録しようと思います。見て感じて、書いて思い起こして、一挙両得の楽しみです。今年から「ぐるっとパス」だけではなく、あらゆる施設を記述しようと思います。 何か感じるところがあれば、メッセージをいただくと嬉しいです。

平成18年上期(2006上期)  平成18年下期(2006下期)  平成19年上期(2007上期)  平成19年下期(2007下期)
平成20年上期(2008上期)  平成20年下期(2008下期)  平成21年上期(2009上期)  平成21年下期(2009下期)
平成22年上期(2010上期)  平成22年下期(2010下期)  平成23年上期(2011上期)  平成23年下期(2011下期)
平成24年上期(2012上期)  平成24年下期(2012下期)  平成25年上期(2013上期)  平成25年下期(2013下期)
平成26年上期(2014上期)  平成26年下期(2014下期)  平成27年上期(2015上期)  平成27年下期(2015下期)
平成28年上期(2016上期)  平成28年下期(2016下期)  平成29年上期(2017上期)

平成29年上期(2017上期)

月日館名/企画展/製作会社感想
11/10クリエーションギャラリーG8
「GRAPH」
デザインとものづくりをクロスオーバーさせることで新たな価値を生み出す、というGRAPH代表北川一成の展示。正直言って、ゴチャゴチャと五月蠅いだけで、私には良さが分からなかった。
10/10りんごや
「菊地美奈写真展 「愁跡」 」
発想、表題が素晴らしい。これからどこまで伸びていくかな。
10/8DIC川村記念美術館
「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画 」
ベアトの写真に惹かれて、ずいぶん久しぶりの川村。道順すら忘れていたが、やはり雰囲気は良い。 広い庭園、手入れの行き届いた敷地、美味しいレストランもある。建物も展示もパンフレットまで気配りが行き届いている。ドライブして来て、展示と食事と散策を楽しむには最適だ。ただ展示があまり私が好きでない現代ものだというのだけが残念。
ベアトの写真は、見知った愛宕山からの江戸、人物風景など懐かしい。私の田舎の風景と見間違うくらい、江戸と昭和は続いていると思う。
9/27高麗郷民俗資料館
「-」
巾着田の曼珠沙華を見て、公園の外れにある当館見学。ありきたりの展示ではあるが、それなりに頑張ってます。AV機器もとりあえず揃えて。
地方の資料館を見ていつも思うのだけれど、もっと資料を集めて、もっと分類研究して、もっと面白く見せる工夫をなぜしないのだろうかと。金だけの問題ではないのだが。
9/26東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム
「-」
水産大学と商船大学が統合されたのか、知らなかった。建物は新しくなったらしいが、展示は旧態然とした大学博物館。映像も無ければ現代、未来への研究、開発は見られない。 これでは海洋学への貢献は期待出来ないぞ。
9/15千葉県立美術館
「立体造形の現在*過去*未来 The フィギュア in チバ」
土偶→フィギュア→バーチャルアーチストIAのライブ映像、と展示するが、こじつけっぽい。海洋堂のフィギュアがメインで、秋葉原の海洋堂でよく見たものが多い。 村上隆とポーメさんのコラボフィギュアくらい展示しないとなあ。
それにしても初めてきた美術館だが、内装が古臭くて酷い。展示されたものの価値が下がって見える。千葉県のアートに対する感覚が疑われてしまうぞ。
8/19国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
「伝統の朝顔」
もう何度目か、朝の空気は清々しい。変化朝顔も奇麗だった。突如の大雨が有ったが、それも一興。
/19国立歴史民俗博物館
「URUSHIふしぎ物語−人と漆の12000年史−」
「楽器と漆」
japanと言われる漆が廃れていくのは勿体ない。ブツ展示だけでなく、生産、流通、経済まで踏み込んだ展示で、ビデオも誠実に組み込んだ良い展示だった。
8/ 5市立市川歴史博物館
「浮世絵の世界と市川 -利根川東岸弌覧を中心に-」
開館35周年。私が市川に来て32年か。ほとんど展示が変わらず、設備も古過ぎる。これではいかんわ。 企画展の意図は良いが、質、量ともに貧弱すぎる。
/ 5市立市川考古博物館
「縄文の海を泳いだコククジラ」
うーん、今更という気がする。
7/22いすゞプラザ
「-」
今年出来たてのいすゞの博物館。お洒落で、展示も接客も良い。自走車ジオラマのミニチュアワールドなど楽しい展示がある。ピアッツアの実車展示が無いのは残念。
実は昔、学生アルバイトでこの工場で働いていたので懐かしい。OEMのシボレートラックの荷台ドアをスポット溶接していたのです。
7/19三井記念美術館
「地獄絵ワンダーランド」
水木しげるの絵本『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり』の原画で八大地獄をめぐるところから始まり、源信の「往生要集」、絵巻、木彫と進むが、いまいち迫力に欠ける。 それにしても、地獄に比べて天国極楽はもっと迫力ないなあ。先日見た「日本残酷写真集」のグロさ愚かしさには参ってしまったが。

戻る