シネマ・観劇記録

初出 2002. 1.14 最終更新 2017. 9.23

私の住む市川に、ヴァージンシネマ市川(現トーホーシネマ)が出来て随分経ちますが、昨年思い立って行ったら、はまってしまいました。椅子も座り心地良いし、傾斜を付けているので昔のように前の人の身体が邪魔にはなりません。 チケット窓口やトイレもお客さんの立場に立ってサービスしようという姿勢が嬉しい。ビデオではなく、足を運んで見る映画はど迫力。まさにシネマです。
たまたま日活の監督だった工藤さんと知り合い、映像関係の友人と飲み会が始まりました。沢山の人の努力によって出来るシネマは、やっぱり映画館で見なくては、と言うことで記録を残すことにしました。

平成13年(2001)        平成14年(2002)       平成15上期(2003上期)     平成15下期(2003下期)
平成16上期(2004上期)   平成16下期(2004下期)   平成17上期(2005上期)    平成17下期(2005下期)
平成18上期(2006上期)   平成18下期(2006下期)   平成19上期(2007上期)    平成19下期(2007下期)
平成20上期(2008上期)   平成20下期(2008下期)   平成21上期(2009上期)    平成21下期(2009下期)
平成22上期(2010上期)   平成22下期(2010下期)   平成23上期(2011上期)    平成23下期(2011下期)
平成24上期(2012上期)   平成24下期(2012下期)    平成25上期(2013上期)    平成25下期(2013下期)
平成26上期(2014上期)   平成26下期(2014下期)    平成27上期(2015上期)    平成27下期(2015下期)
平成28上期(2016上期)   平成28下期(2016下期)    平成29上期(2017上期)

平成29年下期(2017下期)

月日題名・監督/主演感想
9/23「スクランブル Overdrive」
アントニオ・ネグレ/スコット・イーストウッド
高級クラシックカー専門強盗団、フォスター兄弟がブガッティを盗むところから話は始まる。買主のマルセイユのマフィアに脅され、対立するマフィアからフェラーリを盗むように脅されたが、最期は大どんでん返し。 まあこんなに上手く行けば言うことないが。車好きにはもう少し車を長く見せて欲しかった。
9/22「生きる」
黒澤章/志村喬
図書館。1952年の作品か、私の生まれた翌年。傑作とはいえ、時間の進み方が今の10倍程度遅くてまどろっこしい。当時の役所仕事と、胃がんを自覚して公園設置に命を賭ける市民課長。分かるけど、今ではうざったい。志村喬は凄い俳優だし、伊藤雄之助などの脇役も上手い。
9/19「博士の異常な愛情」
スタンリー・キューブリック/ピーター・セラーズ
図書館。核戦争の恐怖を米国将軍の発狂から描く。1983年の制作か。映画としては、ブラックコメディで悪くはないが、そんな手の込んだことをしなくても、現実がもう飛び越えて進んでいる。人類は進歩していないのだなあ。
地下での100年の生存で放射能は半減するというが、最期は核爆発の映像で終わっていて、人類の結末は明示されていない。米国は北朝鮮との核戦争に踏み切るだろうか。日本は、私は何が出来るのか。
9/14「九月中席前半」
-/浅草演芸ホール
読売新聞のチケットをもらって、ここは初めてだったし、あまり大したことは無いだろうと思っていたらビックリ。名前の売れた芸人はいなかったが、レベル以上、なかなか聞かせてくれた。 特にウクレレ漫談のピロキ、江戸物売りのどなたか、昭和漫談の桂幸丸は笑わせてくれた。中入り後、早めに退場して市川の日本海で夕飯。これならまた行きたいものだ。ただ、椅子が悪いなあ。厚手のビニールシート何だが、クッション性無く、二時間は苦痛だ。今度は楽だという二階席にしてみよう。
8/30「BABY DRIVER」
エドガー・ライト/アンセル・エルゴート
うーん、疲れた。カーチェイス版「ラ・ラ・ランド」? 「ラ・ラ・ランド」はちっとも面白いと思わなかった私です。不幸な生い立ちの若者が悪事の片棒を担ぎ、捕まるストーリー。音楽とカーアクションがシンクロして凄い、なんて興味ありません。 私にとってはストーリーがすべて。その観点からはいまいちで、慌ただしいだけの画面と音楽が煩わしい。好きな人は好きなんだろうなあ。モータースポーツも音楽も大好きだけど、この映画は重苦しくて独りよがりで、見終わってからスカッとしない。
俳優はケヴィン・スペイシ―、ジェイミー・フォックスなど怖いほど上手いし、女性二人も美しく魅力的なんだが。車は最初に赤のスバルWRXが走り回って、次々に魅力的な車が出て来るのだが、壊れちゃうし可哀そうな使われ方。やはりレースやラリーでの車の強さ美しさが私は好きだ。
8/ 6「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」
アレックス・カーツマン/トム・クルーズ
久しぶりに映画館に来たのに、時間の無駄だった。トムよ、腐るほど金持っているのだからこんなC級映画に出なくても良いだろう。
色んな映画へのオマージュというかパクリというか、鳥、ハムナプトラ、アラビアのロレンス、ジキルとハイドなんてのも出てくるけど、面白くない。だいたい私はホラー映画は嫌いだ。同じストーリー、配役にしても、演出でコメディタッチのハッピーエンドに持って行ける。後味が悪いんだよ。
7/31「GOOD MORNING VIETNAM」
バリー・レビンソン/ロビン・ウィリアムス
図書館DVD。1987年製作。1965年ベトナム、スタンダップコメディ的な放送で五ヶ月間人気を博したAFN(American Forces Network)DJのエイドリアン・クロンナウアを通して、ベトナムとの対立を描く。
ロビン・ウィリアムスの英語が早すぎてユーモアも全く分からないので、面白さ半減。それにちょっとヒロイックに描き過ぎ、米国人の自分勝手な甘さが鼻につく。ベトナム人からすれば、良い気になるなよ、と言いたいだろう。ただ、米兵たちを乗せたトラック隊に対してマシンガントークを連発したクロンナウアが、「君たちを忘れない」と、笑顔で見送るシーン。 復活後の放送で、トラックの兵達に捧げると前置きしてルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」をかける場面は感激した。良い曲だし、使われる場面が素晴らしい。アオザイ姿のベトナム女性に扮したチンタラー・スカパットは可憐で美しい。でも今は52歳か。
ロビン・ウィリアムスはアルコール中毒と鬱で自殺したが、私と同い年で、生きていれば66歳。達者な人で、スタンダップコメディのDVDをじっくり見てみたい。
これと比較すると、ジョージ・クルーニーが監督した「Good Night,and Good Luck.」の方が現実を見据えた厳しさと、淡々と男らしく仕事をする生き方がもろに出ていて感動した。

トップページ