シネマ・観劇記録

初出 2002. 1.14 最終更新 2018.11.23

私の住む市川に、ヴァージンシネマ市川(現トーホーシネマ)が出来て随分経ちますが、昨年思い立って行ったら、はまってしまいました。椅子も座り心地良いし、傾斜を付けているので昔のように前の人の身体が邪魔にはなりません。 チケット窓口やトイレもお客さんの立場に立ってサービスしようという姿勢が嬉しい。ビデオではなく、足を運んで見る映画はど迫力。まさにシネマです。
たまたま日活の監督だった工藤さんと知り合い、映像関係の友人と飲み会が始まりました。沢山の人の努力によって出来るシネマは、やっぱり映画館で見なくては、と言うことで記録を残すことにしました。

平成13年(2001)    平成14年(2002)     平成15上期(2003上期)  平成15下期(2003下期)
平成16上期(2004上期) 平成16下期(2004下期)  平成17上期(2005上期)  平成17下期(2005下期)
平成18上期(2006上期)  平成18下期(2006下期)  平成19上期(2007上期)  平成19下期(2007下期)
平成20上期(2008上期)  平成20下期(2008下期)  平成21上期(2009上期)  平成21下期(2009下期)
平成22上期(2010上期)  平成22下期(2010下期)  平成23上期(2011上期)  平成23下期(2011下期)
平成24上期(2012上期)  平成24下期(2012下期)  平成25上期(2013上期)   平成25下期(2013下期)
平成26上期(2014上期)  平成26下期(2014下期)  平成27上期(2015上期)   平成27下期(2015下期)
平成28上期(2016上期)  平成28下期(2016下期)   平成29上期(2017上期)   平成29下期(2017下期)
平成30上期(2018上期)   

平成30年下期(2018下期)

月日題名・監督/主演感想
11/25「ボヘミアン・ラプソディ」
ブライアン・シンガー /ラミ・マレック
久しぶりに女房と。クイーンは彼女のお気に入り。私はほとんどリアルでは知らないし、あの声はそれほど好きじゃないのだが、映画は楽しめた。
音楽映画はよく見ているなあ。「エルビス・オン・ステージ」「ビートルズの三本」「THIS IS IT」「ワンチャンス」「レイ」「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」「エディット・ピアフ 愛の賛歌」。 「ドリームガールズ」「シカゴ」「The Producers」「バーレスク」の舞台ものや「舞妓はレディ」も楽しかった。
そう言えば昔の「若大将シリーズ」「プレスリーもの」「錦ちゃんとひばりもの」も有ったっけ。「歌え! ロレッタ 愛のために」「永遠のルチアーノ・パバロッティ」も。
音楽映画は音が良い上に画像で迫って来るから、とても良く聞こえる。サウンドトラックを買うと意外と感動しないのだが。
この映画は楽しめたが、むしろクイーンの残された映像をつなぎ合わせるだけの方が良かったのではないかなあ。演技の部分はそれなりだけれど、無くても十分に楽しめたと思う。
11/13「キネマの天地」
山田洋次/渥美清
図書館。1986年封切、もう30年以上前になるのか。山田洋次と言えども、脚本に井上ひさし、山田太一が加わっていても、テンポが悪くまだぬるいなあ。中井貴一と有森也美のロマンス中心かと思っていたら、クライマックスは渥美清だった。臭い芝居だけどさすが、倍賞など脇役もさすがに芸達者ぞろい。
私が結婚した際、京浜鎌田の駅前マンションに四年間住んでいたが、確かに近くにキネマ通りという小さな看板があった。あそこが松竹鎌田撮影所だったのか。定時制高校時代は大船のNikonで旋盤工として働いていたが、駅の反対側が松竹大船撮影所だった。日々の生活に慌ただしく、行ったことが無かったのは失敗だった。
8/14「ヴエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」
ルーシー・ウォーカー/オマーラ・ボルトゥオンド
楽しいなあ、顔を見て音楽聴いていれば2時間はあっという間。 今回の作品は前作から18年後、キューバの歴史やメンバーの若い頃の映像も挿入されていてますます楽しい。古いアメ車も活き活きと動いていて嬉しくなる。
でも寂しいなあ。イブライムも、ゴンザレスも、コンパイ・セグンドも亡くなって、グループも消滅した。80、90まで現役で好きな音楽をやれたのは本当に幸せなことだ。彼らの映画とCDは私のお宝だ。
8/ 5「Mission: Impossible - Fallout」
クリストファー・マッカリー/トム・クルーズ
もう毎回毎回まいっちゃうね。どうしてそんな高いところへ、どうしてそんな危険なことしなくちゃならないの、まったく。
女房が好きだから、いつも付き合っているけど、一人だとたぶん見ないだろうなあ。私は立派な高所恐怖症なのだから。映画としては息もつかせぬ構成で、良く出来てます。時の経つのを忘れてます。でもみんな歳取ったねえ。
7/22「PEACE NIPPON」
中野裕之/-
ほとんど知っている所ばかりだけど、綺麗だねえ、日本は。途中、花火を見て涙ぐんでしまった。この映画に出ない所でもっと素敵な場所に行こう。寺田や宮田の本を引用していたけれど、ちょっとねえ。
上映館が少なく、初めてお台場のユナイテッドシネマに行った。ちょっと遠くて不便。11時40分の上映ではアクアシティも空いていたが、終了後には結構な人出。こんな所にも来るんだねえ。
7/ 7「空飛ぶタイヤ」
本木克英/長瀬智也
車業界も企業の中も知っているし、お涙ちょうだいはいやなので、あまり見たくなかったのだが、珍しく女房が行こうか、というので見た。
一回泣かされたけれど、悪くなかった。実態はもっと酷いのだけれど、映画としてはまあまあ。長瀬君は頑張っているし、恭子ちゃんは素敵で可愛いし、回りも頑張っている。脚本、特に言葉が甘くて感動が薄れるのが一番の欠点。世の中そんな甘いもんじゃないよ。長瀬君は良い素材だが、もう一皮化けてほしいなあ。 いつでもどこでもしかめっ面していては駄目。その点、岸部、佐々木は役者だねえ。存在感バリバリ。二時間の映画としては良いんじゃないか。途中でスマホの災害警報が鳴ったのには驚いた。千葉東北部で震度5弱、まあ被害はなかったが。

トップページ