読書記録

初出 1998. 5.24 最終更新 2017.11.12
以前、知人に「おすすめ本」を手紙に書きました。とりあえずそれを掲載して、
これから少しずつ、@空欄を埋める、A新しく読んだ本は付け加える、事にします。
自宅改築以来まだ整理できず、行方不明の本が多いのです。
ルポルタージュ佐野眞一海外ルポ日本紀行政治・行政戦争
高野秀行不肖・宮嶋勝谷誠彦さぬきうどん経営者企業活動
外交日米問題日朝韓関係外国人の見た日本世界史災害
人類学考古学縄文宗教・出雲交通地図・地名
森浩一網野善彦古田史学歴史井沢元彦-
江戸・東京ものづくり職人博物--
美術色・文様デザイン海洋堂など岡本太郎-
建築写真----
レース福野礼一郎スポーツ--
評伝評論中島義道随筆なぎら健壱PC・WEB
サラリーマン老い----
------
芸能探索小沢昭一好きなことをやれ心の処方箋--
小説・詩芦原すなお時代小説池波正太郎佐伯泰英藤沢周平
小説いまいちビルドゥングスロマンファンタジー清水義範戸梶圭太-
HardB 海外S・ハンター----
HardB 国内東直己浜田文人堂場瞬一大沢在昌今野敏
------
漫画西原理恵子鴨志田穣と小林よしのりハード&ルーズ-
浮世絵・性安達瑤編集・パパラッチ芸能人・水商売歌手・落語家お酒

1.ルポルタージュ

<開高健>
「COLLECTION 開高健」
開高健/潮出版社/\2450
35年も前に買ったのか。52歳の筆者へのオマージュ? 寸評、写真、年史。まあ悪く書く人は居ないからなあ。彼にとって家庭は原動力であり、禍の元だったみたいだ。
一時凝っていて、ほとんどの本を買ったが、代表作と言われる「輝ける闇」「夏の闇」はピンと来なかった。ノンフィクションが好きだった。
「開高健 青春の闇」
向井敏/文藝春秋/\1100
開高への愛情に満ちた回想。彼らの、才能を媒介にした友情は羨ましい。
「回想 開高健」
谷沢永一/新潮社/\1200
そうか、嫁さんと娘とは不和だったのか、つらいねえ。同人誌「えんぴつ」から続く筆者と開高健の交友は羨ましい。この同人たちはそれぞれ素晴らしい実績を挙げていて、人類学の沖浦和光はよく読んだし、西尾忠久の創設したアド・エンジニア―ズとは私も少し仕事をした。
それにしても筆者の文体は、分かち書き以上に句点を多用するので読みにくい。それに持って回って、要点が抜けているのでいちいち本当はどうなのかと考えなくてはならず面倒だ。悪気はないのだろうが。
「地球はグラスのふちを回る」
開高健/新潮文庫/\280
酒と食と、そして人を見ていくエッセイ。言葉が豊穣で上手い言い回し。鮮やかだ。この人の真面目な小説はどうにも好きになれないが、ノンフィクションとエッセイは大好きだ。
「風に訊け」1.2.
開高健/集英社/各\980
30年以上前、筆者の作品に凝っていた。これは週刊プレイボーイの人生相談のまとめ。今読み返しても、同じような場所に線を引いている。昔からよく分かっていたのか、進歩が無いのか。切り返し方の参考になる。
「書斎のポ・ト・フ」
開高健・谷沢永一・向井敏/潮出版社/\1000
30年以上前の購入だが、片付けをしていて読み耽る。「えんぴつ」同人で、文学への志しを同じくした三人が、30年以上経ってその薀蓄を語り合う。楽しいねえ。
気心の知れた、それぞれの知恵と経験を重ねた仲間が、鋭く意見を投げ掛け合う。私の好みとは違う部分も多々あるが、読むだけでも面白い。
「知的経験のすすめ」
開高 健/青春出版社/\1300
一時期凝って、ほとんどの著作を読んだが、久しぶりの開高モノだ。一行読めば、これこれまさに開高節、文体。内容は、教育を念頭に置いた短い半生記。私には、表題と内容が乖離しているように読める部分が多いので、また読み直してみよう。彼には繋がっているのだから。
「路上にて」
開高健/文芸春秋社/\
「ずばり東京」、「日本人の遊び場」の二編が中心。深刻ぶらないが読ませる。小説的でもある
「叫びとささやき」
開高健/文芸春秋社/\
ベトナム戦争の従軍記などのノンフィクション。
「フィッシュ・オン」
開高健/新潮文庫/\440
世界釣り歩きに事寄せた人間観察記。むしろエッセイか。釣りや旅について、憧れながら読んだものだ。

<足立倫行>
「血脈の日本古代史」
足立倫行/ベスト新書/\815
今度は系図伝承と来たか。それも有りだが、あまり興味無いし、やや信憑性に欠けるのでは?
「倭人伝、古事記の正体」
足立倫行/朝日新書/\760
考古学の学説を基に、ノンフィクションライターが動き書く。面白いやり方だ。まあ結局結論が出ないのだが、分かり易い。
「激変! 日本古代史」
足立倫行/朝日新書/\700
本を読み、現地へ行き、専門家の意見を聞く。ノンフィクションの手法で古代史を解明しようとする。整理出来るし、面白いが、結局結論は出ない。もちろんそれで良いのだが。
「北里大学病院24時」
足立倫行/新潮文庫/\476
病院はどんな仕組みになっているのか、どんな人が働いているのか。たまたま退院後に本屋で見つけた物だが、筆者は、以前読んだ「日本海のイカ」の後、着実に進歩していた。面白い。

<構造探求>
「食肉の帝王 巨富をつかんだ男 浅田満」
溝口敦/講談社/\1600
再読。ハンナングルーーブの蓄財について、取材。やくざと似非同和を跋扈させる政財界、スポーツ界の酷さは今も変わらないなあ。ここにはあまり書かれていないが、日本ハムの大社社長も同じようなことをしていたのだろう。今、浅田満はどうしているのだろう。
「実録・天皇記」
大宅壮一/だいわ文庫/\838
初めて大宅惣一を読んだが期待外れ。ネタを集め、構成して書き込む。頭でっかちの学生レポートを、人手と時間をかけて増量したようなもの。新聞記事のように、表面的で本質を突いていないように感じる。
天皇・天皇制そのものではなく、幕府や周辺の事象が多過ぎ、ページ合わせしているし、正直面白味が無い。
「警察はなぜ堕落したのか」
黒木昭雄/草思社/\1400
元警視庁巡査部長が、一連の警察不祥事とその原因である「洗脳教育」「監察制度」「内規」について詳述している。組織防衛と保身に走ると、人間と組織が如何に堕落するかが良く分かる。官公庁も企業もまったく原因は同じだ。
「郵便局があぶない」
別冊宝島/宝島社文庫/\600
これを読むと、日本の官僚制度も企業も、保身主義・大企業病・無責任病に罹っているとしか思えない。自浄作用・金銭感覚が無いだけ、官庁の腐敗は酷いようだ。真面目にきちんと働かなくちゃあ、子供にも示しが付かないじゃないか。
「ディズニーランドの経済学」
栗田房穂・高成田享/朝日新聞社/\
二人の経済記者の、ディズニーランドと日本人との分析。

<ヤクザ>
「泥棒国家の完成」
ベンジャミン・フルフォード/光文社ペーパーバックス/\952
確かに日本は「泥棒国家」で、政治家・官僚・ヤクザという泥棒が、 馬鹿で情けない国民の富を奪う仕組みになっている。日本の不況は、経済問題ではなく政治問題だとの指摘、日本は経済的にはアジアでもとっくの昔に劣等国になっているという指摘もその通りだと思う。何が何でも、この状態を元の美しい日本に戻さなければならない。日本人必読の書だ。
「ヤクザ・ケセッション」
ベンジャミン・フルフォード/光文社ペーパーバックス/\952
著者はカナダ人で米経済誌「フォーブス」のアジア太平洋支局長。日本の不況は経済問題ではなく、政治問題だ。ヤクザと「政・官・業」が癒着して、不良債権の処理を遠退けている。日本は民主主義国家ではなく、一部の特権階級が搾取する、腐敗した泥棒国家だ、と言う。仰るとおり、こういう人こそ本当のジャーナリストだ。日本には商業マスコミは有っても、まともなジャーナリズムは無い。国民の民度が低いと、レベルの低い政・官がのさばってしまうのだ。 我々はもっと怒って政治体制を変革しなくてはならない。
「潜入ルポ ヤクザの修羅場」
鈴木智彦/文春新書/\850
潜入ルポと言うには烏滸がましい。私はこうやって仕事してます、レベル。
「憚りながら」
後藤忠政/宝島社/\1439
山口組系組長の独白。インタビュー・構成は西岡研介。政界やヤクザの裏話はなるほどと思うし、言っていることは正論だが、だからといってどうなるものでもない。好き勝手に生き延びただけのことだろう。その経験を生かして何か世の中の役に立てるのなら別だが。
「浅草博徒一代 アウトローが見た日本の闇」
佐賀純一/新潮文庫/\590
大正昭和を生きた博徒、伊地知栄治への聞き書き。さほど物珍しい内容ではないし、表面的な淡々とした文章なので、引き込まれるような魅力は無い。英文にし易い文体。悪い意味での、人類学の聞き書きレベル。
ボブ・ディランがこの本の英訳本から剽窃したということでアメリカで話題となり、日本でも文庫本として復刊された。
「新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街」
吾妻博勝/文春文庫/\543
中国・台湾マフィアとヤクザ、不法滞在の各国人。歌舞伎町の裏世界が描かれている。ルポにしては突込みが浅いし、何を目指しているのか分からない。小説、読み物としては面白味が無さすぎる。
「歌舞伎町アンダーグラウンド」
柏原蔵書/KKベストセラーズ/\1300
読もうかと思っているうちに筆者が殺されて絶版になった本。半額で売っているのをブックオフで見つけて購入。中身はあちこちで書かれていることで私でも知っていることだから、筆者が書くほどたいして目新しくも無いのに、何故殺されたのだろうか。ルポとしても調査力はそれほど無いし、読み物としても筆力は劣るし、誤植が多いのには吃驚。亡くなった人には悪いが客観的に見て、出版物としてはレベルが低い。 中国人問題とマネーロンダリングについて書いたために、歌舞伎町アンダーグラウンドの逆鱗に触れたのだろうか。
「日本の地下経済」
門倉貴志/講談社+α文庫/\780
日本の経済をキチンと把握するために、脱税、賄賂、賭博、売春、麻薬など地下経済といわれるものを推測・数値化した初めてのリポート。若書きではあるが、これを解明するのは大事なことだ。オランダでは地下経済の拡大を阻止するために、麻薬の使用と売春活動の一部を合法化して、成果を出しつつあるとの記述が面白い。
「東京アンダーワールド」
ロバート・ホワイティング/角川文庫/\838
戦後、イタリア料理店ニコラスを経営しながら、夜の六本木を支配したニコラ・ザペッティの生涯を軸にして、日本の政治家・ヤクザのうごめいた日本のヤミ社会あるいは本質を明らかにしようとする。意図は分かるし、それなりに頷けるのだが、ぐいぐいと引き込まれる面白みがない。文章力がいまいちなせいと、ザペッティに拘りすぎて、他の人間像や事象の分析がおろそかなせいだと思う

<内澤洵子>
「センセイの書斎」
内澤洵子/河出文庫/\750
本のある仕事場のイラストルポ。この人の緻密なイラストには参る。しぶといんだよね。でも私の目が悪くなっているので、単行本で買うべきだった。
「世界屠畜紀行」
内澤洵子/角川文庫/\857
面白い、内容も著者も。世界の屠畜状況を文とイラストで紹介。著者の屠畜に対するちょっと変わった執着心と愛情が面白い。

<角岡伸彦>
「とことん!部落問題」
角岡伸彦/講談社/\1700
事実をつかみ、誠実に記述するという真面目な姿勢は好感が持てる。これに切れと面白さが付くと読み物として楽しめるのだが。
「被差別部落の青春」
角岡伸彦/講談社/\1800
いわゆる部落出身の著者が、現在の部落を淡々と誠実にレポートしている。私は倉敷出身で、身近に部落もあったから内容は実感できるが、時代と共に人の意識や価値観は変化していく。部落でもそうでなくても、日本人でもアメリカ人でも、良い奴もいれば悪い奴もいるという事実を素直に受け入れることが大切だ。区別はあっても当然だが、差別は無くすべきものだ。

<その他>
「ジャーナリズムの現場から」
大鹿靖明/講談社現代新書/\920
ジャーナリスト10人へのインタビュー。それぞれプリンシプルを持ち、努力しているのが分かる。40代50代のやり手たちなのだが、やや表面的と感じるのは私が63歳のせいか。たかが5年目の若造が年収1000万円という事実に疑問を感じないらしい。
「自分の仕事をつくる」
西村佳哲/ちくま文庫/\760
主にデザイナーたちを訪ねて仕事の仕方、生き方をインタビュー。真面目なのだけれど、一つ一つが浅くて読むに堪えない。真面目にやれば良いというものではないんだよな。真理をついて面白くなくては。
「日本凡人伝 二度目の仕事」
猪瀬直樹/新潮文庫/\400
悪くない。頂点を極めた人間のその後をレポート。山中毅、杉浦茂、梶原一騎、、、人選も面白いが、短くて真底まで辿りつけていない。
「日本凡人伝」
猪瀬直樹/弓立社/\980
これも昔買ったモノ。インタヴュー・ノンフィクションとやらで、90分のインタヴューをそのまま掲載。悪くはないが、著者の言葉、態度が鼻に付く。都知事で失敗したことにも繋がる態度だ。一番問題なのは表題。市井で真面目に働き社会を動かしている方々に対して、凡人は無いだろう。勘違いも甚だしい。
「ノンフィクション宣言」
猪瀬直樹/文藝春秋/\1000
20年以上前に買ったのだが、今読んでみると何も覚えてなかった。足立倫行、山根一眞、沢木耕太郎など当時のノンフィクションライターとのインタビュー集。ただ軽くてあまり参考にはならない。
「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」
若宮健/祥伝社新書/\760
へっ? 日本以外にパチンコが有ったの? というのが購買の動機。読み終わったら、日本てやばいぞ。
パチンコは数千人の利益のために、数百万人を泣かせる業界、というのはその通りだと思う。しかも依存症となった低所得者層は高利の金を借り、パチンコ店にはATM機がある。この業界は20兆円を超えるという上に、業界の過半数が韓国朝鮮系の経営者で地下送金を疑われているにも関わらず、何十人もの政治家が業界のアドバイザーになっている。この20兆円が真っ当な消費に使われていたらどんなに日本は変るだろうか。最近、テレビでもパチンコのCMの多さは酷いものだ。マスコミもパチンコの害の報道には腰が引けている。
一方韓国では、パチンコの依存性や賭博性の高さが国に害をなすと判断されて禁止された。日本人として恥ずかしいね、高校生の頃には少しやっていたけれど。
「ルポライター事始」
竹中労/ちくま文庫/\760
聞書アラカン一代 鞍馬天狗のおじさんは」は素晴らしい作品だと思ったが、自分を語るこの作品は面白くない。自分の思いが生で出て来てしまうからだろうなあ。
「社会科見学に行こう!」
小島健一/アスペクト/\1500
工事現場、研究所など楽しく見学します。小島さんはmixi仲間で、見学会やけやき食堂の巨大丼「けやき丼」攻略をご一緒しました。
「まぐろ土佐船」
斎藤健次/小学館/\1500
文章は下手糞。でも熱い思いと愛着がヒシヒシと伝わってきて、話に引き込まれてしまった。テレビや本で、まぐろ船の事は知識としては持っていたが、やはり著者の実体験から来る筆の力は偉大だった。普段食べる寿司の背景に、このような男の生き様があるということは嬉しい。今ではもう無くなってしまったかも知れないが。著者は今、船橋で居酒屋を経営しているそうだから訪ねて行ってみよう。
「サービスの達人たち」
野地秩嘉/新潮OH文庫/\486
コーンズでロールスロイスを売る営業マン、ゲイ、天丼屋、三助など、サービスの職人を神髄を探り記録する。彼らが提供するサービスは都市で消費されるから、彼らを描くということは都市を描くことに通ずる。モノづくりとともにサービスの達人も記録されるべき大事なことだ。
「立花隆「嘘八百」の研究」
別冊宝島編集部/宝島社文庫/\686
かつて時の首相田中角栄を失脚に追い込んだ筆者が、時とともにいかに狂信者に陥るかを立証。読んでみると確かにおかしい部分が散見される。やはり人間は頂点を極めると落ちるしかないのかなあ。是は是、非は非できちんと考えて行きたい。
「日本の牛乳はなぜまずいのか」
平澤正夫/草思社/\1600
どうも日本の牛乳は栄養的にも、味覚的にも最悪のようだ。搾り立ての牛乳そのものに細菌が多いため、世界でも稀な超高温殺菌をして、栄養も味も殺してしまったモノを流通させている。パスツールが考案したパスチャライズ牛乳(低温殺菌)が世界の主流なのに、我々はそのことさえも知らない。
「世紀末通りの人びと」
立松和平/毎日新聞社/\
東京モーターショーからロマンポルノまで、折々のテーマを追って自らの生きざまをぶつけている。
「人はなぜバーテンダーになるか」
沢木耕太郎/TBSブリタニカ/\1262
30年ほど前に買ったモノ。13人のバーテンダーへの聞き書き。悪くはないが、浅い。JBAバーの鈴木さんの話しも出て来て懐かしい。体調が戻ったらバー巡りをしてみるか。
「人の砂漠」
沢木耕太郎/新潮社/\
立松和平より少し深刻でテーマへののめり込み方が強い。

トップページ