読書記録

初出 1998. 5.24 最終更新 2021. 8.21
以前、知人に「おすすめ本」を手紙に書きました。とりあえずそれを掲載して、これから少しずつ、@空欄を埋める、
A新しく読んだ本は付け加える、事にします。自宅改築以来未整理で、行方不明の本が多いのです。

>>
<ルポ>
ルポルタージュ足立倫行開高健佐野眞一ヤクザ野地秩嘉など
欧米ルポアジアルポまのとのま不肖・宮嶋勝谷誠彦さぬきうどん
日本紀行探偵ナイトスクープ宮田珠己高野秀行内澤旬子内田樹
<人類学・考古学>
森浩一装飾古墳など磐座・太陽コスモロジー海外遺跡-
考古学縄文出雲交易・交通北前船など古代道路
古代技術遺跡案内御柱など--被差別
人類学渡邊欣雄など民俗学宮本常一沖浦和光筒井功
<歴史>
歴史外から見た日本世界史災害宗教芸能探索
古田史学古代史記紀・風土記日本・日本語--
網野善彦戦国江戸・東京磯田道史原田伊織井沢元彦
<政治・戦争>
政治・行政戦争大東亜戦争シベリア抑留日米問題矢部宏冶
米国の見方外交日朝韓関係---
本田・藤沢企業活動経営者サラリーマン老い-
<博物・車>
博物館水族館・海川漁師・海女地形・地図地名PC・WEB-
飛行機・飛行船ものづくり職人博物荒俣宏-
レースCカー・F1福野礼一郎清水草一パリダカなど
徳大寺有恒スポーツサッカー野球アウトドア-
<美術>
美術色・文様岡本太郎辻惟雄浮世絵など-
デザイン佐藤可士和水戸岡鋭治佐藤オオキ海洋堂など和田誠など
建築近代化遺産写真古写真絶景深田恭子
<評論・随筆>
評伝映画演劇評論中島義道随筆なぎら健壱
編集・パパラッチ芸能人・水商売歌手談四楼など團伊玖磨詩歌
小沢昭一好きなことをやれ心の処方箋お酒太田和彦大竹聡
読書案内斎藤美奈子----
<時代小説>
時代小説岡本さとる池波正太郎佐伯泰英藤沢周平隆慶一郎
坂岡真平岩弓枝風野真知雄青山文平--
<小説>
小説小説いまいちビルドゥングスRファンタジー芦原すなお清水義範
三浦しをん南木圭士百田尚樹有川浩なかにし礼山口瞳
<ハードボイルド>
HardB 国内東直己浜田文人戸梶圭太安達瑤エロ
堂場瞬一大沢在昌今野敏黒川博行相棒-
HardB 海外S・ハンタースペースオペラ---
<漫画>
漫画ハード&ルーズ西原理恵子鴨志田穣と小林よしのり諸星大二郎
手塚治虫歴史物ビルドゥングスR井上雄彦吾妻ひでお漫画史

1.ルポルタージュ

<構造探求>
「自衛隊失格 私が「特殊部隊」を去った理由」
伊藤祐靖/新潮社/\1500
図書館。ちよっと単純で変わった性格だが、私とそれほど違わない。本としては独り善がりの独白で、具体的な中身がほとんど無いので実態が分からないし、欲求不満になる。ピントがずれているなあ。
「三島由紀夫事件 50年目の証言」
西法太郎/新潮社/\1800
図書館。元自衛官平城弘道はムサシ機関、別班のリーダー。その上司が山本舜勝。防衛庁長官が中曽根康弘。警視庁元警備課長が佐々淳行。 警察と自衛隊は三島の決行を事前に知りながら放置し、特に警察は自衛隊の力を削ぎ自らの権力強化のために、決行まで手出しをしなかったという。
有りうるなあ、その方が腑に落ちる。権力による不作為の罪。踊った、踊らされた三島が哀れだ。
「自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体」
石井暁/講談社現代新書/\800
図書館。別班は当然あるだろうなあ。しかし関東軍の突出と全く同じじゃないか。災害救助で良いイメージが作られているけれど、軍隊であることに変わりはない。やはりきちんとした文民統制を掛けないと独走の可能性はある。
筆者の努力は良しとするが、私たちの業務として考えれば、特定秘密保護法案の可決前に記事掲載出来なかったことは完全なる取り返しのつかない大失態。その辺の自覚が弱い。文章の下手さやインタビューのまずさも驚くばかり。しかしまあ出版によって命の保険をかけられてよかった。
「サカナとヤクザ」
鈴木智彦/小学館/\1600
図書館。密猟が暴力団の巨大な資金源になっていることを知らなかったが、言われてみると、不透明な流通ルートや仕組みが納得出来る。漁業権があるのは日本だけ、銚子が漁業ヤクザに支配されていたことなども知らなかった。
三陸アワビ密猟団や築地市場潜入譚は少し期待したが、身体を張ったルポはその程度で、過去の銚子の話しやカニの戦後史など、たんなる資料からの転記でつまらない。論理性や本質を見る目の無さが物足りない。
ウナギは好きだが、アワビ、サザエ、ナマコは好物ではないので、何となく身が入らない。
「食肉の帝王 巨富をつかんだ男 浅田満」
溝口敦/講談社/\1600
再読。ハンナングルーーブの蓄財について、取材。やくざと似非同和を跋扈させる政財界、スポーツ界の酷さは今も変わらないなあ。ここにはあまり書かれていないが、日本ハムの大社社長も同じようなことをしていたのだろう。 今、浅田満はどうしているのだろう。
「警察はなぜ堕落したのか」
黒木昭雄/草思社/\1400
元警視庁巡査部長が、一連の警察不祥事とその原因である「洗脳教育」「監察制度」「内規」について詳述している。組織防衛と保身に走ると、人間と組織が如何に堕落するかが良く分かる。官公庁も企業もまったく原因は同じだ。
「郵便局があぶない」
別冊宝島/宝島社文庫/\600
これを読むと、日本の官僚制度も企業も、保身主義・大企業病・無責任病に罹っているとしか思えない。自浄作用・金銭感覚が無いだけ、官庁の腐敗は酷いようだ。真面目にきちんと働かなくちゃあ、子供にも示しが付かないじゃないか。
「ディズニーランドの経済学」
栗田房穂・高成田享/朝日新聞社/\
二人の経済記者の、ディズニーランドと日本人との分析。
「日本の牛乳はなぜまずいのか」
平澤正夫/草思社/\1600
どうも日本の牛乳は栄養的にも、味覚的にも最悪のようだ。搾り立ての牛乳そのものに細菌が多いため、世界でも稀な超高温殺菌をして、栄養も味も殺してしまったモノを流通させている。 パスツールが考案したパスチャライズ牛乳(低温殺菌)が世界の主流なのに、我々はそのことさえも知らない。

<大宅壮一>
「日本ノンフィクション史」
武田徹/中公新書/\880
図書館。何気なく棚から手に取ったのだが、面白くなくて初めにと後書き、本文数ページで読むのをやめた。屁理屈を捏ね繰り回して、字数稼ぎしているようなものだし、文章として好きになれない。大学の後輩だった。
ノンフィクションというからおかしくなるのであって、書き物はすべてフィクションです。その中に事実をもとに伝えるルポルタージュがあるだけ。小説、詩歌などがあるように。様々な学問、特に人類学のようなものが事実を基本にしているのと同じ。事実に基づかなくてもよいのがその他の書き物だ。
著者は大宅壮一を評価しているようだが、私は彼の文章は信用していない。マスコミが「日本中が」という場合、それは「マスコミ業界内で」と言い換えたほうが良い。
「実録・天皇記」
大宅壮一/だいわ文庫/\838
初めて大宅壮一を読んだが期待外れ。ネタを集め、構成して書き込む。頭でっかちの学生レポートを、人手と時間をかけて増量したようなもの。新聞記事のように、表面的で本質を突いていないように感じる。
天皇・天皇制そのものではなく、幕府や周辺の事象が多過ぎ、ページ合わせしているし、正直面白味が無い。
「裸の大宅壮一」
大隅秀夫/三省堂/\2800
面白くない。表面をなぞっただけで、事跡にも人物像にも切り込みが浅い。だいたい小さい頃の優秀さや苦労を書き連ねる感覚が古臭いし、新聞記者の浅はかな文体。
奥さんの写真やエピソードを見ると、凛とした感じて魅力的だ。そこから書くか、あるいは長男の歩さんが亡くなった時のエピソードから書き起こすと面白くなったはずだ。大宅壮一ではなく、著者の能力が及ばないのがこの本の魅力を減じている
考えてみると、私は大宅壮一の文章をほとんど読んでいない。今の時代こそ読む価値があるかもしれない。

<猪瀬直樹>
「日本凡人伝 二度目の仕事」
猪瀬直樹/新潮文庫/\400
悪くない。頂点を極めた人間のその後をレポート。山中毅、杉浦茂、梶原一騎、、、人選も面白いが、短くて真底まで辿りつけていない。
「日本凡人伝」
猪瀬直樹/弓立社/\980
これも昔買ったモノ。インタヴュー・ノンフィクションとやらで、90分のインタヴューをそのまま掲載。悪くはないが、著者の言葉、態度が鼻に付く。都知事で失敗したことにも繋がる態度だ。一番問題なのは表題。 市井で真面目に働き社会を動かしている方々に対して、凡人は無いだろう。勘違いも甚だしい。
「ノンフィクション宣言」
猪瀬直樹/文藝春秋/\1000
20年以上前に買ったのだが、今読んでみると何も覚えてなかった。足立倫行、山根一眞、沢木耕太郎など当時のノンフィクションライターとのインタビュー集。ただ軽くてあまり参考にはならない。

<立花隆>
「立花隆「嘘八百」の研究」
別冊宝島編集部/宝島社文庫/\686
かつて時の首相田中角栄を失脚に追い込んだ筆者が、時とともにいかに狂信者に陥るかを立証。読んでみると確かにおかしい部分が散見される。やはり人間は頂点を極めると落ちるしかないのかなあ。 是は是、非は非できちんと考えて行きたい。
「青春漂流」
立花隆/講談社文庫/\440
30年ほど前に読んだのか。30代前後の若者がそれぞれの分野で頑張っているのを記録。既に名を成している人たちなのだから、面白くなって当然。
私と同年代の彼らが、今どうしているだろうか。特に自転車のフレームビルダーは、素材が金属から炭素繊維に変わった変化に対応出来たのだろうか。

<沢木耕太郎>
「キャパへの追走」
沢木耕太郎/文藝春秋/\1500
図書館。キャパの撮った写真の地をおいかけ、同じアングルで筆者が撮るというもの。エッセイとして響くものは無い。筆者の根拠のない思い込み、〜はずだ、の連発が鼻につく。ドキュメント作家ではなく浅いエッツセイストだったのか。
キャパの「人を好きになること、そしてそのことを相手にしらせること」というフレーズには撃たれる。わたしはそれが出来ていない。
「キャパの十字架」
沢木耕太郎/文藝春秋/\1500
図書館。知らなかった。あの「崩れ落ちる兵士」の写真が、キャパではなく恋人のゲルダ・タローが撮ったものであり、しかも撃たれたのではなく転んだところだという。読むにつれて沢木さんの論証が正しいように思われる。 キャパがスペインに居た時、戦闘が無かったのだから。その後の活躍は認めるが、男としては糞ったれだ。
「人の砂漠」
沢木耕太郎/新潮社/\
立松和平より少し深刻でテーマへののめり込み方が強い。
「バーボン・ストリート」
沢木耕太郎/新潮社/\1000
3、40年前に買った本。鉛筆で気に入った所を線引いていた。やはり同じところで頷く自分が面白い。今読むと、著者の感覚は悪くないが、無理やり文章を繋ぎ合わせているので違和感がある。若書きなんだな。

<日航123便>
「日航123便 墜落の新事実」
青山透子/河出書房新社/\1600
公民館。日航123便は、日米合同演習の際に自衛隊ファントム二機の疑似標的とされ、そのミサイルに撃墜されたということか。墜落した上野村近辺の目撃証言や遺族、元大臣、村長、ジャーナリストなどの証言で固めていく。 故意に墜落場所を誤報させ、救助活動を遅延させた上で、証拠物件を回収し、現場を再度焼却した。どうも本当らしい。当時の中曽根首相が了解のもとに日米で有耶無耶にしたようだ。
当時、女房は全日空の整備工場で機体部品の管理業務をしていたので、「これが全日空だったら、すぐ呼び出し。過去の部品交換履歴を確認して、下手すれば改ざん」などと話していたのを思い出す。今話題の安倍首相の学園問題や日大ラグビー部の悪質タックルなどとも根が一緒だが、忖度という名の日本人の保身体質が問題だ。 地位や金のためなら理不尽な上司の指示に従い、間違ったことをしても恥じない。この事件の関係者が一人でも真実を公表すれば、事故原因を究明、反省し、新たな事故を未然に防ぐことが出来るのに。
こういう本を出した著者、出版社には敬意を表します。ただ、文章があまりに感情的で、構成もお粗末すぎる。事実を淡々と積み重ねて真相に迫るという本を望みたかった。明確にすると、命を奪われるという危険があるのかも知れないが。
「日航123便 あの日の記憶 天空の星たちへ」
青山透子/マガジンランド/\1429
図書館。この本を出版したことには敬意を表するが、情緒的で思い出話が多過ぎる。CAや思い出話ではなく、この事故の何が問題で、整合性の無いのはどの部分なのか、何故か、ということが知りたいのは私だけなのだろうか。
日本人と外国人の遺体に対する感覚の差が驚き。日本人はきちんと揃えて遺族に引き渡そうと最善の努力をし、遺族も尊ぶ。欧米人、特にクリスチャンは現場に埋葬でもよいと考える。魂、輪廻、人生に対する考え方の違いか。

<その他>
「離島の本屋」
朴順梨/ころから/\1600
図書館。フリーペーパー「LOVE書店!」での連載。訪問してインタビュー、それなりだが、やはり取材者の知恵、センス、文章力が無いから面白くない。
「植民地時代の古本屋たち」
沖田信悦/寿郎社/\2000
図書館。うーむ、こういうことも本になるのか。植民地でも戦時中でも、本を求める読者、営む古本屋、危険を顧みずセドリする業者、内外へのネットワークが有ったのだ。当時の地図、一覧表、記事を地道に掲載する。私には縁遠いが貴重な記録なのだろうなあ。
「餃子の王将社長射殺事件」
一橋文哉/角川書店/\1600
図書館。結局、何も分かっていない事が分かった。創業者加藤朝雄の満州での非行、事業拡大時のヤクザとの繋がりもほのめかしに過ぎない。四代大東社長の業績もいまいち明確でない。だいたい他の事件について紙面を多く使っているのは解せない。
「売春島」
高木瑞穂/彩図社/\1600
図書館。最後の「桃源郷」渡鹿野島ルポ。以前、勝谷さんの文章で読み、気になっていた。風俗週刊誌らしい文体と興味で、大部にしただけの印象。もっと歴史をきちんと掘り下げて、民俗学の知識を身に着ければもう少し読めるものになったろうなあ。 中途半端にドキュメンタリー風にするから深みが無くつまらない。栄枯盛衰は世の常。そこで深堀するから面白いのに。
「赤線地帯を歩く」
木村聡/自由国民社/\1700
1998年発行か、もう残っていないだろうなあ。人類最古の職業も時代とともに廃れていく。もちろん違う形で生き残るのだが。書物、映画のリストもあり、研究するなら参考になる。
「ジャーナリズムの現場から」
大鹿靖明/講談社現代新書/\920
ジャーナリスト10人へのインタビュー。それぞれプリンシプルを持ち、努力しているのが分かる。40代50代のやり手たちなのだが、やや表面的と感じるのは私が63歳のせいか。 たかが5年目の若造が年収1000万円という事実に疑問を感じないらしい。
「自分の仕事をつくる」
西村佳哲/ちくま文庫/\760
主にデザイナーたちを訪ねて仕事の仕方、生き方をインタビュー。真面目なのだけれど、一つ一つが浅くて読むに堪えない。真面目にやれば良いというものではないんだよな。真理をついて面白くなくては。
「世紀末通りの人びと」
立松和平/毎日新聞社/\
東京モーターショーからロマンポルノまで、折々のテーマを追って自らの生きざまをぶつけている。
「人はなぜバーテンダーになるか」
海老沢泰久/TBSブリタニカ/\1262
若い頃、バーテンダーに憧れていました。昔に行った、銀座のJBAバーの鈴木さんの名前が懐かしかった。もう亡くなられたのかな。それにしても、海老沢さんはもっと核心を突く書き手だと思っていたのに、意外だった。衰えたのかな。
「日本人の仕事」
鎌田慧/平凡社/\4200
様々な職業人の独白を集約。玉石混交、編集の主旨が見えにくいのでバランス悪いし、深みが。だいたい普通のサラリーマンがほとんど居ないのはなぜだ。日本人の、と言えないだろう。それを突き詰めて考えるのがルポのはずだが。
「津山三十人殺し」
筑波 昭/草思社/\
寒村の秀才少年がなぜ凶行に走ったか。

トップページ